健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 生活 > 共同体 > 人を教育する


人を教育する

食べること住むことを安定させ、さらに、ノウハウを構築することによってようやく教育という段階になる。

ただ、子供の成長は待ってくれないので、安定するまでの教育は、普通の生活を見せること、手伝うこと、自分で考えて実践することが教育になると思う。

教育するために別途「先生」を招く事になれば、莫大な支出がかかる。

日頃の生活が、教育する場となれば、学校と自宅を往復する必要もない。学校の行事を考える必要もない。ただ、生活するための作業をすれば、それがおのずと教育になる。そしていつも家族が一緒にいられる。

人数が増えた場合は、色々と考えることは増えると思う。寺子屋のような学校を考える必要があるかもしれないし、幼児には、自宅保育を順番に交代で各家族で対応するなども考えられる。

言いたいのは、支出を出さない努力は必要だということ。お金が大きくかかわる場合、どこかに無理が生じる。それが一時的ならばよいのだが、維持費用としてかかるのは避けなければならない。

ただ、支出ばかりを気にしてケチにならないことも必要。得意な人がいないにもかかわらず、無理して、時間をかけてお金がかからない方法を考え実施したが、結局、満足な結果が得られず、時間の無駄(その時間を得意分野で発揮すれば何倍よいことがあるか)になり、精神的にも、ガッカリしていいことなしにならないよう注意が必要。外注に頼むことで、早く済み、効果が倍増するのであれば、お金をかける必要もある。

まとめ

  • 土地の入手
  • 自営業の集まり
  • 農場を根幹に
  • 玄米菜食
  • 自力建設
  • できれば養蜂
  • 教育
また、共同体としてまとまるため、断食も取り入れる必要があると思っている。断食の目的は、健康維持と精神の鍛錬のため。病気気味では、立ち上げ段階での共同体では、面倒を見れない可能性があるので、健康維持も必須項目だろう。そしてなによりも、共同体なので、感情のぶつかり合いがあるハズである。夫婦でもケンカするので、家族同士間でトラブルがないわけがない。そのためにも、お互いある程度、感情を制御できる鍛錬は必要ではないかと考える。断食は、自分の欲求をコントロールする意味でも効果があると思うし、断食開けの食事の感動を共有でき、一体感を感じるというメリットもある。

P.S.
最後に「人を教育する」となっているが、本当は、最初から最後まで、参加する人全員にとって、実行すること全てが教育になるハズである。(教育は別途するものではない)

Edited on:2005-11-18 23:14:14
Last Modified:2005-11-19 00:24:43

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved