健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 団体 > 著名人 > 桜沢如一


桜沢如一

欧米では、ジョージ・オオサワで有名らしい。(どのように有名なのか?)

マクロビオティックを提唱。CI協会を創設。

西洋思想であった石塚左玄のカリウムとナトリウムを東洋思想の陰と陽とし、万物を陰陽に分類する無双原理を発案する。この発案を推し進めようしたため、昭和14年、会長だった「養生会」を追放され、昭和15年滋賀県大津神出眞町五一に「無双原理講究所」を開設、後に、マクロビオティック運動となる。

著書
魔法のメガネ 桜沢如一(著)

略歴を無双原理・易 マクロビオテック実用弁証法のカバーより引用

  • 1893年 京都市に生まれる。
  • 1908年 肺・腸結核など多くの病気で苦しむ。
  • 1912年 石塚左玄食養により健康を奪回。
  • 1913年 苦学しつつ京都府立第一商業高校卒。神戸の貿易商店に入店、実業界に活躍しながら食養運動、ローマ字運動をつづける。
  • 1927年 社団法人「食養会」復興に専心。
  • 1929年 「無双原理」世界観を世界に問うためパリへ無銭旅行、以後毎年帰朝、真の人間革命、平和のため論陣をはる。
  • 1938〜40年 食養会会長。会員一万人。
  • 1940年 大津に「無双原理講究所」開設。
  • 1941〜45年 反戦平和のため努力。
  • 1945年 新生活運動開始。
  • 1947年〜 世界政府運動、青年教育に奮闘。
  • 1953年 世界の人間革命のため、里真夫人とともに、まずインドへ。
  • 1955年  東洋医学の真髄を示すため、アフリカのシュバイツァー博士を尋ねる。
  • 1956年〜 ヨーロッパで大活躍。多数の協力者、共鳴者を得、文化活動、出版、食品製造等の着手。パリ市功労章を受く。
  • 1962年〜 原子転換に着目、研究を開始。
  • 1966年 永遠の世界へ出発。、偉業の世界精神文化オリンピック開催。

Edited on:2005-07-12 17:25:41
Last Modified:2005-10-23 17:05:37

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved