健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > たべもの > 農法 > 慣行農法


慣行農法

農薬・化学肥料を使用し、機械や施設の利用を前提とする農業。

できた作物は、農協を経由して出荷。その際、作物を収める箱代なり、手間賃を支払う。

農薬・化学肥料・機械・設備も農協からの斡旋。

まるで、農協の従業員の生活費を稼ぐために、農家が働いているかのような農業。

雑草・害虫とは、

  • 雑草は、その土地にある栄養を奪うが、不足している栄養分・ミネラルを作るために生える。
  • 害虫は、作物を枯れさせるが、実っても動物・人間にとって本来の栄養にならないものを枯れさせ、次に育つであろう植物のために分解する。
結果、農薬を使った土地は年々痩せていく

化学肥料の使用とは

  • 作物に対して即効性があるが、ただ、大きくなるだけで、栄養がない。
  • 化学肥料から作られた作物に栄養があるとすれば、化学肥料(石油製品)からの栄養で死んだ栄養である。
結果、化学肥料を使った土地は年々痩せていく。

農薬よりも化学肥料の方が問題は大きい。(野菜の栄養が無意味に近い)


「不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。」(ルドルフ・シュタイナー
土壌の神秘―ガイアを癒す人びと 序論より引用
土壌の神秘―ガイアを癒す人びと

Edited on:2005-07-17 22:49:51
Last Modified:2005-10-23 17:05:37

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved