健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 健康法 > 断食 > 断食をしてはいけない人


断食をしてはいけない人

一般的に下記の様な方はしないほうがよいとされています。

  • 熱がある人
  • 不整脈がある人
  • 慢性の病気のため薬を長く飲んでいる人
  • 慢性肝炎、肝硬変、胃かいようがある人
  • 脳卒中、心筋梗塞、ガン等の重い病気がある人
  • 10歳未満の子供、65歳以上の高齢者
  • 妊娠中・授乳中の女性
  • 体力に自信がない人
  • 医師に相談して止められている人

座禅断食の注意事項では(座禅断食 野口法藏さん著より引用)、
  • 断食の前日に重労働しないこと。(食事中、具合が悪くなる)
  • 断食2日目に胃が痛くなったら中止する。
    ただれ、潰瘍があります。牛乳を飲んでやれる人は続ける。
  • 大病をしたことがある人は前もって知らせる。(手術やガン等)
    大手術は、1年間、小手術は半年間、断食はできない。
  • インシュリン、ニトログリセリンを使用の方や人工透析を受けている方は、参加できません。
  • 現在服用している薬と病名(数値)を書いたものを持参する。
  • 体調が悪い人(特に糖尿病の人)がいると、次のすまし汁を用意し、体調が悪くなると飲ませる。
    水1リットルに昆布20g、干し椎茸20gを入れ煮る。煮汁にしょうゆ、はちみつそれぞれ60gを入れて、濾して飲む。
やはりこれも、それぞれ断食を提唱している方の指示を十分あおぐ必要があります。

Edited on:2005-09-12 21:54:01
Last Modified:2005-12-18 19:55:14

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2017 press328.com All Rights Reserved