健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 健康法 > 断食 > 断食の体験(3)


断食の体験(3)

座禅断食を、2005-7-24〜26(1回目)・2005-8-6〜8(2回目)・2005-8-21〜23(3回目)・2005-9-2〜4(4回目)と夫婦で実施した。

座禅断食は、2週間過ぎれば再度できるとあるので、夏に集中して実施してみた。(冬にすると寒くて寒くて風邪ひきそうになる事を一度体験しているので)

普通の断食ならば、下剤を朝一に飲むのだが、まずい。これを飲まないだけでもこの断食はよい。

明けの食事の梅湯がよい。梅湯とは、自家製の梅干にお湯300ccをかけた後に、梅干をくずしたもの。クスリの下剤より効くと思う。体の中を洗い流したみたいなすっきり感がある。

しかし、明けの梅湯は、1ヵ月ぐらい空けないと、胃腸を荒らすとのことを、2回目の断食の梅湯を飲んでから知る。(大丈夫かな?というのは、2005-8-2にも1日断食をして次の日、明けの梅湯を飲んでいる。)

断食にも慣れたような、でも、やはり2日目は辛いかな。

2回目までは、2日目昼に野菜ジュース150ccを忘れていた。



3回目ではサンスターの青汁を購入して実施したが、前回より一ヶ月たっていないので梅湯は飲めず。なんだかすっきりしない終わり方をした。

宿便は、4回目の時にオットの便が臭いので、ヨメが宿便ではと言うのだが、我が家のトイレは簡易水洗で、便見ることができず不明なまま。

これからは、寒くなるので、週一で一日断食をして、一ヶ月ごとにできるようであればしようかなと思っている。

Edited on:2005-08-21 12:48:00
Last Modified:2006-06-05 02:43:29

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2017 press328.com All Rights Reserved