健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 健康法 > 西式健康法 > 西医学健康法の四大原則


西医学健康法の四大原則

「皮膚、栄養、四肢、ならびに精神」

  • 皮膚
    人間は、衣服で皮膚を包むが包みすぎると肝臓が弱くなり、肝液素の分泌が鈍り、腸の蠕動が鈍化して便秘に陥る。宿便となり血液循環がわるくなり、あらゆる万病の元になる。
  • 栄養
    火食することによってビタミンなどが破壊される。また、食物のある一部だけを食べたり、精製されると本来の栄養は得られない。
  • 四肢
    特に足は人体の基礎であるから、基礎が不完全・アンバランスであると、背骨が曲がり、あらゆる病気のもととなる。
  • 精神
    皮膚・栄養・四肢は健康上重要であるがそれを統率するのは精神である。精神上の障害によってすべてに影響がある。
「原本西式健康読本」より抜粋。

Edited on:2005-07-20 14:35:10
Last Modified:2005-10-23 17:05:37

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2017 press328.com All Rights Reserved