健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > たべもの > 玄米 > 玄米粉


玄米粉

西式健康法では、生食として、玄米粉を食べることが推奨されている。

玄米を粉にしたものなので、玄米粉として売っている。

リブレフラワー

だが、粉は何でも、すぐに酸化するので、全部使い切れればいいが、一般家庭ではそんなに大量に一回には使用しない。なので、使用する分だけ直前に粉にするのがよい。

ということで、一度、普通のミキサーで粉にしようとしたら、大きな粒が残ったままであった。なので、西式健康法をしている人は、専用のミルサーや製粉器でしているらしい。

ひきっ粉が定番の様子。

確かに、単なるミルサーでは、細かさが足りない可能性がある。

玄米粉は、ただでさえ、食べづらい。パサパサしていて、水なしでは食べられない。西式では、これを良く噛んで食べる事になっている。一口分の玄米粉だけでも結構おなかが膨れるのが実際食べてみると分かる。

石臼製粉機も気になる。特に家庭用石臼製粉機 ヒキキが気になる。(もうひとつ上位の機種「ヒキキ[ベーカリー ミニ]」もある。)

あくまで、よく噛んでゆっくり食べることが重要。そうしないと、消化に悪いので胃を悪くする。

玄米粉は、言えば、米粉なので、団子にもなるし、パンなどにも練りこめるので、出来るところから取り入れるのがよいだろう。(蜂蜜で固めるとおいしいらしい)

Edited on:2006-07-24 22:13:12
Last Modified:2009-06-28 23:20:17

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved