健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > たべもの > > 食塩感受性と食塩非感受性


食塩感受性と食塩非感受性

もし仮に高血圧症の人でも6割位の人は減塩の必要がないらしい。というのは、塩に敏感に反応する人としない人がおり、6割ぐらいは反応しないとのこと。

この反応する人のことを「食塩感受性」といい
反応しない人を「食塩非感受性」と言うそうです。

この判定は、1週間の低食塩食(0.5g/日)、続いて、1週間の高食塩食(14.5g/日)にして、血圧が10%以上変わる人が「食塩感受性」とされるようだ。(腎機能に問題があり、血圧が塩分に敏感に反応してしまう4割位の人のことらしい)

現代医学的にも「塩=高血圧」という考えは否定されていることになる。
(塩が高血圧の原因になった実験(1)(2)参照)
なのに、高血圧患者には、減塩指導をする現代医療はなんだかおかしい。

この判定のために、使われる塩は化学塩だろうか?化学塩ならばやりたくない検査だ。

Edited on:2005-08-25 08:43:19
Last Modified:2005-10-23 17:05:38

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved