健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > たべもの > 砂糖(糖類) > 砂糖のやめかた


砂糖のやめかた

オットの父親は、砂糖の卸会社の営業だった。休みの日に潮干狩りをして沢山とれた時は、取引先(お菓子屋製造会社)へ配る。そうすると、お菓子を山盛りもらう。そんな幼少時代だったので、お菓子には目がない、砂糖病のオットであった。

そのようなオットが砂糖を断つためにした事は

  • まず、調味料としての、白い砂糖類は、すべて、黒砂糖、てんさい糖、メープルシュガー、蜂蜜などに変えた。(使用している食品参照)
  • だが、お菓子を食べたいのは、おさまらない。できるだけ我慢したが我慢できない。
  • そこで、イヤになるまで食べてやれー!と思い、サンコー黒糖ピーナッツチョコを2箱(1箱12袋入り)を購入して毎日1袋、多いときで3袋位ずつ食べた。
  • 2箱なくなるころには、サンコー黒糖ピーナッツチョコは飽きた。
それだけでは、お菓子を食べるクセは直らなかったが、ヨメに手づくりのお菓子を作ってもらうなどして、すこしずつ減るようになった。

そのころ、サンコー黒糖ピーナッツチョコが、一番のお気に入りで、よく買って食べていた。砂糖を断てたのは、このチョコのお陰と思っている。なぜ、これをドカ食いすることにしたかというと、

  • まず、心の底から、おいしいと思っていた。
  • そして、なにより自然食料品店で扱っているもので、カカオを含め材料にこだわったものだった。
  • 当然、材料に白砂糖を使用していない。黒砂糖や三温糖である。
砂糖を無理やり断とうとするとストレスフルになるので、少々お金がかかっても、よい原材料を使用したお気に入りのものをドカ食いすることで、甘いものへの幻想を打ち砕くという、手荒なやり方でした。(オットの経験談であり、あくまで参考程度にしてください。)

ヨメの意見としては、座禅断食も効果があったかもと言っている。(断食中に食べ物のことをよく考えるし、なにより断食開けの食事が爽快なため、食べ物への感覚が変わった気がする。)

Edited on:2005-11-13 19:14:14
Last Modified:2009-07-02 23:55:42

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved