健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 健康法 > その他いろいろ > 千島学説


千島学説

詳しい説明は千島学説の公式HPに譲ります。

一言でいいますと、現代医療は、病院の経営のためだけに、患者の病気を悪化させている。

オットが思う千島学説の重要な点

  • 血液は、小腸の絨毛で造られる。
    (現代医学は骨髄からとされている。)
  • 細胞は、赤血球が変化したもの。
    (現代医学は細胞は同じ細胞からとされている。)
素人からすると血液がどこで造られようが関係ないじゃんと思う。

それが認められると具体的に医療はどう変わるのか

  1. 輸血することは危険・悪化させる行為。
    (溶血反応は医者がよく知っている。輸血にまつわる感染もなくなる。献血に膨大なお金はかけなくていい。)
  2. ガンは摘出するとさらに悪化する。
    (ガン細胞も赤血球からできている。摘出しても転移する。転移するかどうかさえ分からないで治療というのか?転移する可能性をなくすのが治療では?)
  3. 骨髄移植も危険
    (移植すれば完治するわけではない。移植の際、患者はさまざまな危険な処置をされる。移植後、他の病状が出たり再発したりしている。本当に治療なのか?)
世間では、献血や、骨髄バンクは、人道的な行為と思われているが、現代医療の経済のために存在するとも考えられる。

じゃあ、上記の病気はどうすればいいのか?

  1. 輸血が必要な場合は、リンゲル氏液や生理的食塩水などの血液代理液を用いる。
  2. 血液をきれいに流れよくする。
  3. 同上
本当にこれで直るなら現代の医者は要らなくなるね。(我が家では、マクロビオティックをするようになって医者には行っていない。病気はすべて自分の生活に原因がある。外科的な医療は必要だと思うけど。歯医者は行くけど。)

千島学説は生体内原子転換を裏付けるものでもある。

Edited on:2005-07-16 00:48:24
Last Modified:2005-10-23 17:05:37

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved