健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 生活 > 出産・育児 > 妊婦の心得


妊婦の心得

子どもがおなかにいる約40週間の「こころ」と「からだ」はとても大切です。

妊娠期間の過ごし方の注意点は以下の2つです。

「こまめに歩き、よく動くこと」(できれば一日2時間の散歩)
「食べ過ぎないこと、太らないこと」
ヨメの出産参照)

流産・早産のおそれから、病院は「安静」の指示を出すことも多いです。が、大抵の場合、胎児自身の事情で流産します。「安静」はあまり重要な要素ではないようです。

よく聞く「奇形への不安」で食事などの制限をされる方がいますが、奇形が決定するのは妊娠3ヶ月までなので、たいていの場合、妊娠に気づいた時点で、こどもの体質はおおむね決まっていると言っていいでしょう。

が、安産にするため、帝王切開の確率をさげるため、そして、産後の生活に備えて食生活は大切です。(特に母乳育児を目指す方)

ごはん中心の和食にする。
牛乳・果物・甘いもの脂っこいもの・肉類は避ける。

カルシウムと鉄分を多く摂る。できればサプリメントでなく食品から。(牛乳からカルシウムを摂るのは不向き、また体を冷やすので避ける)

長くなりましたが、いちばん大切なことは、やってくるあかんぼとの暮らしを「ほんわか気分で待つ」ことでしょう。

妊娠期間中、女性は宇宙とのつながりを体感できますし、色んなことに感動します。それはきっと胎児にも伝わっていると思います。
分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい
分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい

Edited on:2005-09-08 00:17:37
Last Modified:2005-10-23 17:05:38

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved