健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 健康法 > マクロビオテック > 調理の種類


調理の種類

マクロビオティックとしては、食べ物を調理する事により、陽性化させるので、調理手段はとても重要。

オットの個人的見解では以下のようになると思う。

発酵>炭火>薪>都市ガス(天然ガス)>プロパンガス>>IH加熱

薪ストーブで煮込み物をすると、すぐに水分が蒸発してしまい焦げ付かせることがよくあるのだが、プロパンガスでは、全然水分が飛ばない。(プロパンは、石油からつくられるため、陽性度合いが少ないと思われる。)

また、薪ストーブで炊く玄米は、火加減がいい加減にも関わらず、おいしい。(炭での調理はしたことがないが、薪よりはよいと思われる。)

加熱する時間が長いほど、陽性の度合いが増える。(千坂式の長時間炊き)

発酵させ、それを長期間した場合、一番の陽性化だと思う。

電子レンジの加熱は陰性化させるので使用してはならない。(細胞内の分子を振動させることで加熱されるため、内から外へ向っている熱である。)

Edited on:2005-07-18 13:27:29
Last Modified:2005-10-23 17:05:37

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2017 press328.com All Rights Reserved