健康328
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |
HOME > 健康法 > マクロビオテック > 七号食


七号食

サイトを検索すると、十日間、一日玄米を0.7合(炊くと220gらしい)、三年番茶を三合、ごま塩をスプーン2杯で過ごすという半断食とあるのだが、マクロビオティック料理 桜沢里真(著)には、1日3食で4日分のメニューが掲載されている。(12パターンのメニューあり)

七号食とは穀物100%取る方法で、

  • 少しの胡麻塩のみで原則一週間から十日くらいを一期とする。
  • 1カップの玄米を炊いて4個にむすび、その1個を10口位で頂き、一口必ず、七十八回以上噛む。
  • 穀物だけ!といっても、淋しくなく、玄米ご飯だけでもいいのですが、反応で食欲がなくなった場合は、ソバクリーム、玄米クリーム、オメデトー(玄米と小豆のかゆ)、玄米がゆ、粟がゆ等を取ります。
  • 玄米も、おむすびにしたり、焼いたり、油で揚げたり、油炒りしたり、味噌を入れておじやにしたり色々変化させるとあきずに楽しく七号食ができる。
指導者の指示をうけつつ実行されるのが一番安全とある。

これを読む限り半断食ではなく制限食でしかないような。個人でするときは新食養療法を読むべしとあるので、その本にはそんな半断食みたいなことをするように書いてあるのだろうか。

いつかチャレンジしてみたいとは思う。

Edited on:2005-07-18 21:30:29
Last Modified:2006-10-15 13:37:20

みつやんつうしんもよろしく


このサイトはMovable Typeで構築されています。

Powered by
Movable Type 5.13-ja
 
| たべもの | 健康法 | 生活 | 団体 | 精神 |


Copyright(C) 2005-2010 press328.com All Rights Reserved